語りき

芸大をでて東京でWEBディレクタ見習いをしている24歳独身OLの日記です。

4時間のトリップはパラレルワールドの殻

映画をみました

2本立てつづけに4時間も映画館で映画を観たのは久しい

 

渋谷のシネマヴェーラ

"妄執・異形の人々”シリーズ 文芸篇"をやっていて。

これ面白いです

www.cinemavera.com

 

 

 

1作目は"裸体"という映画

eiga.com

"痴人の愛"と絶対関連しとるーと思ったらスタッフがちらほら一緒ぽい

 

いやほんま

女、かくあるべき

男、かくあるべき

 

ぴちぴち ぷりぷりと

健やかな身体をあるがままにひらひら逃げる

夜の船橋、船上のシーンは

なんか、勉強になりました

女ってこうよねぇ、という姿で

 

わたしは女という生き物はこれくらいに

気持ちよくわがままですこし阿保で

どうしようもなくかわいいものであり、

それを自覚してすくすく甘える

っというのがあるべき姿なんちゃうかとおもってしまうわ

 

基本的には田舎の阿保な女の子が

おちてくストーリーなんやけど

 

 

今更ながら若い頃勉強してたわたしや

絵を描いていた私は

何のためにしてたんやっけか なんて

あほっぽいことをおもった

 

〜2作目については次回〜 

 

 

ーーーーーーーーーーー

【映画  裸体  簡易感想】以下、視聴直後の感想

 

女、かくあるべき

男、かくあるべき

 

映画館で見てよかった

9割以上が男性だったのもよかった

 

エロをとおした男性達の、

俺たち仕方ないからなあ

という雰囲気、瞬間は最高やった

 

可愛い馬鹿女っつーのは

瞬間を生きているだけで逆にピュアなので

 

 

ーーーーーーーーーーー